• フリーランスってどんな仕事?

    インターネットが爆発的に普及してから仕事のやり方は変化していきました。



    それと同時に人々の働き方にも変化が現れました。

    以前は会社に就職して働くのが当たり前という考えが一般的でした。



    会社などの組織で働くのが苦手な人も我慢して会社に就職していましたが、最近では会社などの組織に所属せずに働いている人が増えています。
    組織に所属せずに働いている人はフリーランスと呼ばれており、個人で仕事を受注して成果報酬として収入を得るという働き方をします。


    日雇いのバイトに近い働き方で、主にパソコンを活用した仕事が主流です。
    仕事を受注する方法には、仕事を発注している取引先を見つけて応募する方法があります。
    例えば、フリーランスを支援しているサイトを使えば、目的の仕事を検索で探し出すことができます。



    得意な仕事を見つけて応募することで、取引先と仕事の交渉をすることができます。
    交渉では報酬の単価や仕事の納期、連絡方法などを相談します。


    お互いに納得できる条件であれば仕事を受注することができます。
    受注した仕事は納期までに納品して、取引先に確認してもらうことで報酬を得られます。


    フリーランスの仕事は簡単な記事作成や通販サイトの運営、専門技術の必要なウェブデザイナーやイラストレーターなど数多くあります。
    フリーランスは自分の得意な仕事を見つけて働き続けることで、仕事を直接依頼してもらう機会が増えたり、取引先に能力を見込まれて正社員として迎えてもらうなど、様々なチャンスがあります。